男と女では恋愛脳が違います

男女の脳の違い

一般的に、男と女の脳については、日本、そして様々な国々で、これまで多くの分析がなされてきました。
本も何冊も出版されています。それらを読んで、男女の根本的な違いについて知ることも大切です。

同じ人間だけど、どうして考え方が違うのか?冷静に脳の違いから、歴史から、男女の違いを考えてみると、自分の恋愛を客観的に見ることができます。
冷静に現状を把握できたり、「男ってこんなものかも」と妙に納得できたりするのです。

例えば『話を聞かない男、地図が読めない女』(主婦の友社)によれば、男性は狩りをして、食料を調達する、それが男に期待されたことだったといいます。
ですからその奮闘ぶりを女が認めてくれれば、男おプライドは満たされるという男の特性が培われたのでしょう。

一方女性は果物や木の実を採り、家族を大切に育ててきました。相手に触れたり抱きしめたり、会話するのが好き。グループで横の人間関係をつくり、子どもの世話をしたり、同じ群れの女たちと一緒に過ごしたりして一日を送ったそうです。

時代が変わっても、男女の営みには似ているよころがあるような気がします。遠い昔の人に親近感を抱く程です。

このような生活から、女性は子育てをすることに見合った能力が発達したとのこと。周辺に危険がないか、感知する能力を高めていったのですね。

男性がたまに下手なウソをついても、すぐに見破られてしまうのは、こういう非常に長い時間をかけて培われた役割分担の違いがあるのかもしれません。

彼のことを研究すれば、彼の理解者になれる

さて、このようなことを踏まえつつ、あなたの彼について研究しましょう。
研究の最たる方法は、相手のことを知ることです。

あなたの好きな彼氏の性格を知るのです。そして、基本的な男脳を勉強しましょう。
例えば、女脳に沿ったメールを書いても、男は興味を持ちません。彼の性格に加えて、男脳を研究することです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*