行動

好きで好きでたまらないなら

恋をしている女性

あなたが諦めきれない彼に会いたいとき、こうすればいいのです。

例えば、彼と別れてから3ヶ月以上い経過して、久しぶりに会いたい場合。
まず、自分の気持をちを高めましょう。彼に会いたいと強く欲求するのです。

「会いたい、会いたい、どうしても会いたい」と潜在意識を味方にするまで唱え続けます。その気持ちが出来上がったら、いざ行動です。

メールでも電話でもいいので、連絡を取りましょう(できれば、直接声が聞ける電話のほうが会える確立は高くなります)。
例えば、電話をしたとして、彼が電話に出なかったら、何回も何回もチャレンジしましょう。

そうやって、彼が電話に出たら、「久しぶり、元気だった?」と明るく言いましょう。
彼が「何だよ。オマエとは別れたんだ。もう電話しないでくれ」と言われても動じないことです。明るさを貫きとおすことです。

ここでは、男は単純だと思うことです。内心は私が電話してくれてうれしいはず、と思うことです。
それをあえて言う必要はありませんが、基本は話しを何とか続けることです。
どんな話しでも良いのです。とにかく、話しを続けることです。

話しを続けることができたら、これは脈あり、チャンスと思っていいです。
話しを続けることができなかったら、「キャッチが入ったから」などと理由を作り、今回のところは思い切って話しを終わらせて切ってしまいましょう。

話しを続けることができなかったならば、まだ時期じゃないと判断して引き下がる。
引き下がっても、今回の失敗を次に活かせばいいと思えるからです。

次に同じ結果にしないためにはどうしようと考えていけば良いだけなのです。
あなたは話しを続けることができなかったということよりも、勇気を出して彼へ電話した自分を褒めて評価してあげるべきなのです。

すでに勇気を振り絞って彼に電話できているのですから、次はその実践により学んだことを活かすために、話を続けられるように、彼の言葉を肯定で返し続けるために、想定問答集を作り、準備して置くのです。
失敗したことを良い経験として次に生かすように、心を積極的に保つだけです。
心を積極的にしていれば、くじけることはありませんから、諦めないで心で何度もチャレンジできるのです。

そして、彼と話しを続けることができているはずです。
そしてあなたの単純な欲求を出します。
「久しぶりに会わない?」です。

女性が壁ドン

彼がそれに対して「ノー」と言ったとします。実はこれからが肝心なのです。
いいですか、次のことを心がけてください。

それでも彼に「ノー」と言われたら、どうする?
心の中で会いたい、会いたい、どうしても会いたいと念じます。
そして、「どうしてもダメ?私は会いたいの」と伝えます。

彼は何だかんだリ理由を述べて会えないと言っても、私は会いたいと自分のわがままを通すのです。彼がいいよと言ってくれるまで、頑張るのです。

そのことで沈黙が訪れても、自分から沈黙を破る必要はありません。
黙っている間、この女性と会ってもいいかなと考えるのが男です。男は単純なのです。だから沈黙を楽しむことです。

そして、根負けした男は、「会ってもいいよ」と言ってくれるのです。

クリアートを使えば、汚い顔がきれいになります。
クリアート

どうしても付き合いたい人が見つかった時

理想の男性が見つかった

人間は苦しいとき、神、仏、つまり自分より大きい存在に心を委ねながら生きていることがあります。
「あの人と付き合いたい」
「彼と復縁したい!」
そうお祈りすることもあるでしょう。
ただ、私の持論なのですが、(宗教関係者には私の勝手な考えですのでお許しださい)、神様は、その人にとって一番良いことをしてくださると思っています。

恋愛に置き換えてみましょう。

彼とお付き合いしたいと神様に祈ったとします。
ところが祈ったのに、彼からの返事は「ノー」だとします。
それは、まだあなたが彼との釣り合いが取れていない、努力が足りない、付き合うに値しないという意味です。

自分から本気で強く求めていないかも知れません。
相手があなたに好意がないのかも知れません。
あるいは彼とは付き合ってはいけないと神様が言っているのかも知れません。
神のみぞ知る、いろいろな要素を元に、あなたに最善の結果をもたらしているのです。

付き合うにはお金も大事。お金がほしいなら金運をあげよう

彼氏の欠点を直すにはどうすれば良いか?

彼氏に怒る女性

自分が悪いということを認めない男性を私は知っています。女性が、彼にいっぱい言いたいことがあるのも私は知っています。
女性の意見を聞き入れる男性と、聞き入れない男性がいます。

恋愛に初期に女性の意見を聞き入れた男性も、親しくなるにつれ、聞き入れなくなる方が多いのではないでしょうか。

さらに結婚して夫になると、女性の非難めいた小言は、世界中の男が嫌がるものです。
男の七癖はどうしても女性の非難の対象になります。多少の注意や意見は必要でしょうが、あまり強く非難すると決定的な別れを誘引することになります。

そこで彼の欠点を直すには、その言い方を勉強することも必要です。
ポイントは相手の立場になって、一度考えてから、彼に言うことです。

男性も、自分の欠点は悪いことをしたことについて、認識はしています。あなたからそれを指摘されても、聞き入れる心の広さは持っています。

だだ、いけないのは何度も何度もしつこく言うことです。
何度も言われると男性は嫌になるのです。一度か二度、言えばいいのです。

もし言われたことを改善しないのなら、それは聞き入れない信号だと理解しましょう。
よいこと、悪いことについて理解している人間性の優れた男性は改善するだろうし、あまり優れていない人は改善しないかも知れません。それは男性の性格によります。

もし彼があなたの許せない間違いを犯したとき、あなたならどうしますか。
例えば、「浮気」です。

彼が浮気をしている証拠や材料がそろっているときき、どうするかです。
浮気を絶対許さない場合はどうするか?
その答えは簡単です。彼と別れればいいのです。

しかし、女性心理はそう簡単にはいきません。竹を割ったような性格でスパッと別れを決められないのです。
愛する当事者に向ける女性の感情は別れの意思を決められないのです。
彼を愛しているが、浮気は許せないと愛憎の狭間で悩むのです。

浮気を許す

浮気をした男に、最も効果のある注意の方法は、冷静な言葉です。はっきりと冷静に厳しく言う言葉。それと寛容な言葉です。こんな感じです。
まず、寛容な言葉を伝えます。
「あなたも男なら、仕方ない……1回の浮気は許します」
「しかし、2度目は許しません。2度目は別れます」
と冷静に彼の目を見て厳しくはっきりと言うのです。

そして、ここが重要です。
その後は何事もなかったようの振る舞う。
これがあなたにできるかです。

彼があなたに「なんていい女だろう」と惚れ直す
男性の立場から考えてみましょう。

浮気をした彼は、彼女に前述したように伝えられたら、どんな心理になるでしょう。
男性も浮気をしたという罪悪感はあります。しかし、世の男性には間違った本能の解釈を持っています。

「浮気は男性の甲斐性」という解釈です。
本能のままに動くと、男は100%浮気するでしょう。
その本能にピシャリと注意する方法が、厳しい冷静な対応です。
そして後を引きずらない寛容な心が大切です。

彼の浮気にはピシャリと注意した。でも、彼の浮気は許し、何事もなかったように二度とそのことについては触れない。

女性にそうされたら、男性は「なんていい女なんだろう」と、心の第一声がその言葉になります。そして浮気をした自分を恥じ、悪いことをした、二度と浮気をしないと心に近います。